木村ペインクリニック主催 歯科領域に対するFasciaリリース 

歯科において、原因不明の歯痛は多く経験します。
診断を誤ると、不要な抜髄・抜歯 さらには、抜髄・抜歯後も歯が痛むなどのトラブルに陥ることも考えられます。
原因はどこにあったのか?
また、顎顔面痛も、多く経験します。
歯科医師には何ができるのか?
通常、口腔外科に紹介することが多いですが・・・
根本的に解決しているのでしょか?
投薬? 医科へ再紹介? その後は?
さらに、顎関節症には、スプリント治療は、保険で可能ですが・・何年間入れればいいのでしょうか?
その後は?どうすれば・・・不可逆的治療??
最近の知見では、Fasciaの異常が様々な疼痛の原因であることが分かってきています。
数年来、待ち望んだ医科歯科連携の講習会です。
医師、理学療養士・鍼灸師とのコラボレーションでハンズオンありの講習会です。
是非、この機会にご参加ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です